賃貸マンション経営をする際は備えが必要

賃貸マンションの経営をする時の注意点

賃貸マンションの経営が健全に出来れば長期的な収入を得る事が出来るので老後の生活も安定します。また生命保険の代わりにもなるので遺族の老後の生活も安定します。このようにメリットになる点が目立つ賃貸マンションの経営ですが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで賃貸マンションの経営をする時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。
■空室が多くならないようにする
賃貸マンションの経営をする時は家賃収入を得る事になります。賃貸マンションの入居率が高ければ家賃も多く入ってくるので安定した収入を得る事が出来ます。しかし空室が多くなってしまうと家賃収入が少なくなってしまうので、場合によっては赤字になってしまう事もあります。マンション経営をする時は空室が多くならないように注意しましょう。
■災害に備えておく
賃貸マンションの経営をしている時に入居率が高くて安定した家賃収入を得られていても、突然の地震など大きな災害の影響を受けてしまう事があります。それにより建物が倒壊してしまう事もあるので、災害の影響を受けた時もしっかり対応をしていく必要があります。火災保険など災害の影響を受けた時に対応する事が出来る保険に加入し、災害に備えておきましょう。

賃貸マンション経営における注意点とは

賃貸マンションは一般的に鉄筋コンクリート造や鉄骨造など構造が堅固であり、木造や軽量鉄骨造の多い賃貸アパートと比較して、耐震性や防音性、高層性に優れており、特に鉄筋コンクリート造では建物の耐用年数が47年と長いことが特徴です。そのため、賃貸市場においては、賃貸アパートよりも賃料単価が高く、競合性も増し、長期間安定収入が見込めます。
このように賃貸マンションのメリットは多いのですが、逆に賃貸アパートよりも劣る点も挙げられます。1つ目に修繕費用が高いことです。高層の賃貸マンションとなるとエレベーターや貯水槽が付いていることが多く、そのメンテナンス費用がかかりますし、外壁塗装の更新では建物の表面積が広いため修繕費用も多額になります。これらの修繕費用は毎月の家賃から一定額プールしておく必要があります。
2つ目は固定資産税が高いことです。木造や鉄骨造などと比べると鉄筋コンクリート造の賃貸マンションは建物の積算価格が高いため、固定資産税が多額になります。3つ目は建物の取り壊し費用が多額になることです。耐用年数が大幅に超過して取り壊すことになった時に特に鉄筋コンクリート造のマンションは取り壊し費用が多額になり、さらにアスベストなどを使用している古いマンションの場合はさらに多額になります。取り壊しまで見越した資金調達が必要となります。

ピックアップ