賃貸マンション経営はプロの助言を受けられる

賃貸マンションの経営を委託しよう

賃貸マンションの経営をする場合、マンションの住民とのやりとり、家賃の管理、メンテナンスが必要な箇所についての点検、毎日の清掃、空室対策など、やらなくてはならないことが毎日山のように発生します。戸数が少ないアパートなどであれば、自分で管理をすべておこなうこともできるかもしれませんが、たとえば10階建ての賃貸マンションを所有している場合、賃貸マンションの経営については、プロの力を借りるのが圧倒的に効率的で、住民からの信頼も維持することができるはずですよね。
では、賃貸マンションの経営を委託するにあたって、経営を依頼する不動産管理会社は、いったいどのように選べばよいのでしょうか。その場合設立されて間もない不動産管理会社を選ぶよりは、その地域で長く不動産管理をおこなっている、伝統のある不動産管理会社を選ぶのがおすすめです。その地域での不動産管理をおこなっている時間が長くなるほど、賃貸マンションの経営をおこなう上で大切な、「地域色の把握」がしっかりとできているはずです。
賃貸マンションの経営をおこなうにあたって、大切なのはその地域の住民の好む住まいの傾向をしっかりと把握していることです。長年のノウハウがある会社に任せれば、地域にあわせた経営をアドバイスしてもらえます。

賃貸マンションの経営と空室対策

賃貸マンションの経営をおこなっているオーナーの方々にとって、頭を悩ませる経営要素のひとつが、空室になっているお部屋についての対策だと思います。ひとつの建物の中でも、陽当りのよい部屋や角部屋、最上階などは、住む部屋を探している人たちから人気がありますが、中にはどうしても陽当りのよくない部屋や、風の通りがあまりよくない部屋もあり、そういった部屋はいつまでも空室のまま、収益を生み出してくれないことがありますよね。
そんなときには、賃貸マンションの経営をアドバイスしてくれる不動産管理会社などにも相談したうえで、思い切って家賃を下げてみるのがおすすめです。同じマンションの空室の中でも、他の部屋に比べて2割程度家賃が安い部屋が1つだけあったとしたら、部屋探しをしている人はきっと気になるはずですよね。特に、立地には満足していても、家賃が予算に合っていないために借りるのをあきらめていた人などがいたら、家賃の引き下げはまたとない契約のチャンスになるかもしれません。
毎月の収益を1円も生まないどころか、人が通らないせいで劣化が早まってしまえば、長く空室になっているお部屋には、メンテナンス費用も高くついてしまいます。時には思い切りも大切かもしれませんよ。

ピックアップ